ガールズトレンド調査隊、グルメ担当の山田です!今回はグルメの広報、マーケターの方に役立つ情報をご紹介します!

海外で大人気を集める企業がつぎつぎと上陸し、「日本1号店」「日本初上陸」などという言葉を、よく見るようになりました。

日本の文化や企業が海外へ受け入れられていく一方で、海外からもまた、新しいスタイルの食やイベントが”輸入”され続けています。

2015年は、海外ショップが次々と上陸

今年、2015年に日本に初出店したショップは、25以上。

一年を通して、東京を中心に数多くのお店が出店し、話題を呼んでいました。

また、カラーラン(The Color Run)やバブルランをはじめとする「ファンラン(楽しむことを目的にしたマラソン)」など、海外でホットなイベントも上陸。

トレンドに敏感な日本の若者たちも、その多くが、早速イベントの虜になった様子でした。

多くの若者が、海外発の新感覚アイテムやイベントに夢中になる中、若い女性たちの間でジワジワと話題になっているショップがあります。

食器を使わない?!新スタイルのシーフードレストラン

コーヒーやスイーツなど、海外発の最先端なものに特に敏感なのが、20代の女性。彼女たちの間で、いま話題になっているのが「DANCING CRAB」です。

コンボバッグ」を注文し、テーブルに広げられた調理されたシーフードを、フォーク、ナイフ、お皿すらも使わず手づかみで食べるのです。

シンガポール発のシーフードレストランですが、味付けはアメリカ南部で親しまれる「ケイジャン料理」を元にアレンジされたもの。シンガポールで大きくヒットし、昨年、東京・新宿に1号店、今年、大阪に2号店をオープンしました。

「手で食す」シーフード料理は、その斬新なスタイルと魅力的な味付けで、若い女性を中心に、トレンドに敏感な人々を虜にしています。

いかがでしたか?
ぜひ食品・レストラン・カフェ系のマーケティングに今回の情報をご活用ください。

また、女性向けガールズインフルエンサーをはじめ、マーケティング活動のヒントとなる情報をまとめたeBookをご用意しました!
こちらも参考にしてみてください。




ガールズマーケティングに関する無料e-Bookのダウンロードはこちら




Top photo by ValuePress!