みなさんご存知かとは思いますが、インスタグラムは、ここ最近凄まじい勢いで成長しており、フィルターやハッシュタグなどで魅力的なイメージをシェアするプラットフォーム以上の存在となっています。

2010年のサービス開始以来、インスタグラムはフェイスブックツイッターと並び、ソーシャルネットワークのトップ3となり、スマートフォンにフォーカスしたプラットフォームによって4億人を超えるユーザーを獲得したと言われています。

インスタグラムはマーケティングに最適なツール

アクティブユーザーが4億人を超えたインスタグラムは、インフルエンサーマーケティングを実施する上でも最高のソーシャルメディアであると言えます。

インスタグラムでは、商品やサービスの写真を美しく加工してフォロワーにシェアすることができ、リアルタイムでソーシャルでクリエイティブな「イメージ共有体験」を可能にしています。

この新しいフォーマットは、マーケターにとってもターゲットオーディエンスを見つけることができる優れた場所であるのです。

マーケターはどのようにインスタグラムを活用すべきか?

インスタグラムをツールとして活用する方法はいくつもあり、ほぼ、あらゆるブランドターゲットが対象となります。

インスタグラム上でアクティブなインフルエンサーを検索・分析することはとても効果的な戦略であることが証明されており、特にファッション系ブランドであるマイケル・コース(MICKEL KORS)のようなブランドは、モデルやインスタグラマー等のインフルエンサーを上手く活用し、フォロワー数600万以上を誇っています。

Tag–you’re it! Create your digital t-shirt at WatchHungerStop.com

Michael Korsさん(@michaelkors)が投稿した動画 –

米国での事例ですが、スターバックスJ.crewなどのアカウントもとても素晴らしく、フォロワーがナチュラルに興味を持てるコンテンツを提供することにより、インスタグラム上でしっかりブランディングしている良い例と言えます。

What’s better than 🍂? Yes, that’s right, the answer is 🍂🍂🍁🍁🎃🍂@MadeWithStudio #HelloFall #FallCup

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)が投稿した写真 –

Afternoon @benandjerrys ice cream drop-off from our BFF @jimmyfallon. #thetonightdough

J.Crewさん(@jcrew)が投稿した写真 –

これらのブランドのように、インスタグラムを活用してあなたのブランドを確立しようと奮闘することは素晴らしい一歩と言えますが、インスタグラムでマーケターが求めるインパクトを得るためにはこうした一般的な手法だけでなくインフルエンサーを巻き込んだ企画や、多くの時間とリソースを必要とする場合が多々あります。

次回、後編ではどのようにインフルエンサーを活用して行くのか、具体的な方法を見ていきたいと思います。

【後編】インスタグラムとインフルエンサーをマーケティングに活用する有効な方法とは?もチェックしよう!

 

また、「インフルエンサーマーケティング」についての基本知識から、どんなマーケティング施策が可能なのか。また、実際に活躍する女性インフルエンサーのご紹介など、インフルエンサーマーケティングをこれから検討される方に役立つ情報が満載のeBookが無料でダウンロードできます!↓↓

mail-img-influencermarketing-ebook