海外に住むことは多くの女子にとっての憧れ。おしゃれな異国の文化や雰囲気、海外ドラマで見たことのある街にワクワクする人は多いものです。

YouTubeには、海外で暮らす日本人女性のチャンネルがたくさんあります。ユーチューバーが日常生活をはじめ、おすすめのコスメや旅行・観光スポットなど、現地在住ならではのローカルな情報を発信し、多くのファンを獲得。そうした人気のユーチューバーのチャンネルに企業はコラボレーションし、インフルエンサーマーケティングを行うケースが増えてきています。

今回はそうした海外発信のインフルエンサーマーケティングで活躍する、海外在住の日本人インフルエンサーをご紹介します。彼女たちはなぜ人気があるのか。また企業とはどのようにコラボレーションしているのかに注目してみましょう。

Vlogが大人気!メイクと料理に幅広いテーマをカバーするカリフォルニア在住のAmalさん

YouTubeチャンネル登録者数:50,230人(2017年8月現在)

アメリカ・カリフォルニア州在住のAmalさんは、アラブ系と日本のハーフ。アラブで生まれ、中学生のときに日本へ移住し、大学留学を機に渡米されたそうです。現在はご主人と2歳になる男の子の3人家族。親しみやすい明るいキャラクターと、良いことも悪いことも正直に話す人柄が人気のユーチューバーです。

YouTubeを始めた当初はメイクやネイルといった美容系の動画を中心に公開していましたが、現在はVlogと呼ばれるブログ形式の動画、英会話、料理動画がファンの支持を集めています。

■実際にメイクをしながら商品を紹介

こちらは日本にいながらでも海外のコスメを買うことができるiHerbというECサイトのスポンサー動画です。

iHerbには、Amalさんが普段からオススメのコスメとして動画で紹介するアイテムも多数取り揃えられているため、スポンサー動画とAmalさんの親和性はとても高いということができるでしょう。

彼女には、ひとつのポリシーがあります。企業からのスポンサー動画では、すべて“自分の言葉や意見”で語ること。スポンサー動画の概要欄には、以下のことが必ず書かれているのです。

「私は登録者のみんなに私が使った、レビューしたすべての商品のいいところ、悪いところを伝いたい、みんなそれで参考になると嬉しい。」

これに対し、多くのファンは次のように反応しています。

「アマルの提供動画はすき!アマルは良いことだけしか言わないってことないし悪いところもきちんと教えてくれる!本当に助かる!」
(動画のコメントより引用)

スポンサー動画とはいえ広告塔になるのではなく、良いことも悪いこともすべて正直にコメントする。そんな真摯な姿勢を貫き通すことこそが、ファンから愛される秘訣なのです。

バレエダンサーからテレビリポーターまで、マルチタレントして活躍するNY在住のMelodee Moritaさん

YouTubeチャンネル登録者数:268,396人(2017年8月現在)

ロサンゼルス出身で、現在はニューヨークシティ在住のMelodee Moritaさんは日系アメリカ人。プロのバレエダンサーとして活動しながら、テレビリポーター、MC、通訳などマルチに活躍するユーチューバーです。

YouTubeでは、バレエダンサーとしてのスキルを生かしたエクササイズ動画、美容、ライフスタイル動画が公開されています。

■バレエダンサーの経験を生かしたエクササイズレッスン

こちらは下着メーカー、ワコールとのコラボレーション。おすすめのパジャマを着て、寝る前のヨガのレッスン動画を配信しています。パジャマという気軽な服装で初心者でも簡単にできるヨガという手軽さがいいと、ファンからは絶賛の声がたくさん寄せられました。

Melodeeさんはアメリカ在住ですが、日本にもたくさんの視聴者がいます。英語と日本語、両方の動画があるため、日本とアメリカの両国にファンがいることが彼女の特徴です。日本企業のワコールも、彼女のこの幅広いファン層に注目したのでしょう。

Melodeeさんはとても美しく、ハキハキした性格が魅力。さらにファンの声にひとつひとつ耳を傾け、コメントに丁寧に返事するのも彼女の人気の秘密です。ファンからすれば、憧れの人と対話をしているような気持ちになれて嬉しいですよね。

このように海外に住む日本人インフルエンサーは、日本語で日本人に向けた情報発信をしていますが、ターゲットは日本に在住する人だけではなく海外に住む人も含まれます。海外市場も視野に入れるなら、Melodee Moritaさんのようなバイリンガルな存在は強力なインフルエンサーとなってくれるでしょう。

英語やメイク、CA受験情報が満載!ロンドン在住の現役外資系CAのChiakiさん(イギリス)

YouTubeチャンネル登録者数:57,459人(2017年8月現在)

最後にご紹介するのは、沖縄県出身で現在はイギリスの航空会社にて客室乗務員(CA)として働いているChiakiさん。職業柄、世界各国を訪れる様子をYouTubeやInstagramを通じて配信しています。

Chiakiさんの動画は、英会話レッスン、ヘアメイク、CAになるまでのストーリー、イギリス生活の様子がメイン。いずれも世界中を飛び回る現役のCAとしての目線や経験から語られるため、その説得力に多くのファンから支持を集めています。

■リアルなロンドン生活と英会話を動画で楽しもう

特に人気なのが英会話動画。特徴的なのがネイティブの友達との何気ない様子を動画にし、その中で出てくる単語やフレーズをピックアップしていること。実際に英語を話した後に、その内容を動画上に「よく使う単語&フレーズ」として表示させているのです。

ロンドンの人気のある街を見ながら英会話を学べるなんて、海外生活に憧れている人にとってはとてもワクワクしますよね。現地の日常が見られるだけでなく、“動画を楽しみながら英語も勉強できる!”ことが、ファンにとっては嬉しいのです。

■Chiakiさんの人生経験や考え方に励まされる人が多数

こちらの動画は化粧品メーカーのSK-IIとのコラボレーション。SK-IIがキャンペーンを通じて発信したいメッセージは「年齢関係なく、生きたい人生を生きよう」ということ。

これまで海外留学や、客室乗務員といったさまざまな挑戦をしてきたChiakiさん。日本で生活していたときに感じていたコンプレックスや反対する人たちをはね退けて挑戦を続け、夢を叶えてきたChiakiさんの生き方はSK-IIのコンセプトとリンクし、多くの視聴者を勇気づけるのです。

海外に憧れる女子の心をつかむことこそが 、海外在住日本人インフルエンサーの強み

pixta_31237245_M

海外が好きな日本在住の日本人インフルエンサーはたくさんいます。しかし旅行するだけでは、住んでいる人の目線は得られません。やはり現地に住んでいる人の情報のほうが、よりコアなもので深みがあるものです。

もしも海外発信で日本に住む日本人をターゲットにしたいキャンペーンがあるときや、海外をテーマにしたインフルエンサーマーケティングをする際には、今回紹介したような“海外在住の日本人インフルエンサー”を考えてみてはどうでしょう?その土地に住んでいるインフルエンサーに目を向けてみることで、これまでにはない施策が立てられるかもしれません。

また、女性向けガールズインフルエンサーをはじめ、マーケティング活動のヒントとなる情報をまとめたeBookをご用意しました!
こちらも参考にしてみてください。
what_is_InfluencerMarketing